飾り線上

無我夢中で熱弁する彼と月夜

飾り線下
あんまり、ドラマは見ないが、近頃、それでも、生きていくを見逃さずに視聴している。
加害者側の両親と妹と被害者の家族が会うことになってという流れで、ふつうに考えてありえないストーリーだ。
殺された小さな子の親兄弟と殺人犯の親兄弟のどちらの家族も不幸に包まれているストーリーが出されている。
ストーリーの中身はとても暗いのだけれど、しかしその分、映像はきれいなようにつくられている。
花や緑や自然の映像がものすごく多く、牧歌的というのかきれいな映像が非常に多い。
今後、話がどうなっていくのか想像がつかないけれど、ちょっとでも救いがある内容になっていたらいいなと思う。

湿気の多い木曜の夕暮れは昔を懐かしむ
夏休みも2週間くらい過ぎた頃の夕暮れ時。
「缶蹴り」で鬼になった少年は、とんでもなくお腹を空かしていた。
捕らえても捕らえてもカンを蹴られて捕まえた友達が逃げるので、もう今日の缶けりは終わらないんじゃないかとため息をついた。
クタクタに遊び疲れて家に帰ると、扉を開ける前に、今日の夕飯が判明した。
めちゃめちゃうまそうなカレーの香りに、少年は笑顔になった。
飾り線上

陽気に跳ねる母さんと暑い日差し

飾り線下
ある夏の日の昼前。
少年は外で、アリの行列が死んだ虫を運んでいるところを観察していた。
蟻たちは一生懸命働いているのだが、虫の死体一つでこんなにも大量の蟻がいたって、意味が無いんじゃないのかと、少年はいぶかしんだ。
少年は、アリ達を指ではじいたらどうなるだろう、という好奇心に駆られた。
でも、今日のところはただただ観察し続けることにした。
とても暑い日だったので、少年の汗が頬を伝い、しずくとして地面に落ちた。

具合悪そうに熱弁するあなたとあられ雲
よくテレビで見る大物が引退したことによって、テレビで多くやっているが、すごくすごい!!。
また変わる代表がどなたになるかという話よりニュースでは番が速かった。
どのような人が代表になっても変化しないと考える方もめちゃめちゃいますし、そんなことより大物司会者が芸能界をびっくりするほど突然引退というのが何かしら影響がでるということですかね。
飾り線上

息絶え絶えでダンスする彼女と擦り切れたミサンガ

飾り線下
暑い季節はビールがめちゃめちゃうまいけれど、このごろ少ししか飲まなくなった。
20代の頃は、どれだけでも飲めたのに、年をとって翌朝にアルコールが残るようになってあまり飲まなくなった。
ビアガーデンにも新社会人になった頃はとってもあこがれ、行くのが大変楽しみだったけれど、会社のつきあいで嫌というほど行って、俺のイメージの中では、今では、いいイメージがない。
そうだけれども、取引会社との付き合いの関係でとても久々にビアガーデンに行った。
ものすごく久しぶりにうまかったけれど、調子にのってとってもアルコールを飲みすぎて、やはり、次の日に残ってしまった。
次からは、飲みすぎないようにしようと思うけれど、飲み出したら、なかなかとまらない。

じめじめした火曜の朝に目を閉じて
南九州の老年期の方は、連日、献花を墓にやっているから、ゆえに、お花が大量に必要で、生花農家も山ほどいる。
夜分に、マイカーで飛ばしていると、電照菊の灯火がしきりに夜分に、マイカーで飛ばしていると、電照菊の灯火がしきりに視野にはいってくる。
住まいの明かりはめっちゃ少ないかたいなかですが、電照菊照明はよく目にとびこむ。
菊の栽培照明はしきりに目撃しても人の往来はものすごくわずかで街灯の明かりもめちゃめちゃ少なく、物騒なので、高校生など、JRの駅まで迎えにきてもらっている子ばかりだ。
飾り線上

前のめりで歌う姉妹と突風

飾り線下
20歳のころよりNHK教育テレビを見ることがものすごく増えた。
昔は、母親や祖父が見ていたら、民放の映像が視聴したいのに考えていたが、近頃は、NHKを見てしまう。
年配向け以外の番組がすごく少ないと思っていたのだけれど、ここ最近は、おもしろい番組も増えたと思う。
それに加え、バラエティ以外のものも好んで見るようになった。
また、暴力的でない内容のものや娘に悪影響がとっても少ない内容のものがNHKは多いので、子供がいる現在は視聴しやすい。
NHK以外では、アンパンマンでさえたいそう暴力的に見える。
いつもぼこぼこにして終わりだから、私の子供も真似するようになってしまった。

湿気の多い月曜の明け方にシャワーを
ちいさいころから、読書は嫌いじゃありませんでしたが、暇なときに、家や図書室にある本を読んでいました。
ちゃんと楽しみながらページをめくるようになったのは、高校生のとき。
国語の授業で、吉本ばななさんのムーンライトシャドウを学習してからです。
ストーリーは、恋人を失った主人公の、高校時代の回想からの幕開けです。
恋人が事故で亡くなってしまう経験なんてその時も今も、もちろんありません。
しかし、高校生の私には主人公の切ない気持ち重なりました。
複雑な感情でした。
主人公と、当時の私の年齢が近かった事、それも原因だと考えています。
読んだ帰りに、その本を買ったのが文庫本を買った一番最初です。
このストーリーは、「キッチン」に収録されている作品です。
随分昔の小説ですが、ずっと人気のある素敵な作品だといわれています。
飾り線上

どしゃ降りの木曜の午前はひっそりと

飾り線下
定期診断は、例年どこか引っかかる。
心音だったり、数値だったり、胃だったり。
胃の検査をバリウムを飲んで受けてみて、健診結果がくると、がんの疑義が存在して、いち早く、胃の再検査を指定の病院にて受けてください。
と書き記してあったのには、あせった。
あせったというか、むしろ心配だった。
即刻人に聞いた病院に胃カメラに車で行ったら、ただの胃炎だった。
胃は前からうずいていたので、健康診断に引っ掛かったのはわかるが、文章で自分の名前と胃がんの疑いがあると書きつけてあったら心配だった。

ゆったりと体操する先生とオレ
観覧するのにけっこう長く長く距離を歩く動物園は、夏はたいそう暑すぎて汗がでる。
知人と奥さんと子供と私と妻と子供ともどもそろって見に行ったが、非常に暑くてつらかった。
とても暑いので、チーターもトライオンも他の動物もほぼ歩いていないしし、奥の影に潜んでいたりで、あまり観察出来なかった。
行ける機会があったら次は、涼しい水族館などが夏はいいだろう。
子供がもう少し大きくなったら夏期限定の夜の動物園や水族館も良さそうだ。

小さい飾り線上

コンテンツ

小さい飾り線下

コンテンツ


Copyright (C) 2015 料理人は夜の暗闇に脅える All Rights Reserved.
レトロ飾り