飾り線上

寒い祝日の朝は料理を

飾り線下
六本木の夜の女性を見ると、大変だろうなーと思う。
それは、完璧な見た目、会話の技術、それらに対する努力。
客に全て勘違いをさせないで、仕事だとちらつかせながら、常連になってもらう。
たまには、もしかするとこのお姉さん、自分に本気なのかな?など思ってもらう。
このバランスのとり方が、どんな職業よりも、難しそうだ。
それは置いといて、私はとにかくホステスさんたちの収入が非常に聞いてみたい。

無我夢中で自転車をこぐ父さんとよく冷えたビール
まだ行ったこともないウォッカの国、ロシアに、一回は行ければと思う。
英語のクラスに行き詰った時、ロシアの言語を息抜きにやってみようと検討したことがある。
けれども、ぱらぱらめくったロシア語の初歩的なテキストだけで一時間ほどで英語にもどった。
verbの活用形態が半端なく例外だらけだったのと、私にはできない巻き舌だ。
観光客としてズブロッカとビーフストロガノフを堪能しに行きたいと思う。
飾り線上

前のめりで熱弁する君とアスファルトの匂い

飾り線下
昔、両親は、娘の私の対人関係に対しあからさまに積極的であることを強いてきた。
平均より離れてはいけない、など。
凄くつらい過去だったと思う。
授業が終わると、毎回偽りの自分を楽しそうに両親に話す。
これで、安心しているのだ。
周囲と変わっていると、変わり者。
常にこれだけ恐れていた学生時代の私と両親。
切ない話だと今は思う。

余裕でお喋りする弟と草原
お盆やすみが近づいて、「とうろう」などのイベントが付近で遂行されている。
近辺のイベント会場では、竹やすだれで工作されたとうろうが飾られていた。
ほど近くのイベント会場では、夜更けには電気の照明はついてなくて、灯ろうの中の光だけなのは、たいそう素敵だった。
竹やペットボトルの中でキャンドルがついていて、癒される灯りになっていた。
きめ細かい光源が四辺の木々を煌々と照らしていてめっちゃ素敵だった。
飾り線上

騒がしく吠える彼とよく冷えたビール

飾り線下
明日香は、専門学校に入ってすぐに仲良くなった仲間だ。
明日香ちゃんのプラスポイントは、可愛くて、小さなことは、どうでもいいという寛大さ。
私から親しくなりたいと話かけたそうだが、覚えていないけれど、そんな気がする。
一緒に出掛けると、悩みなんかも小さくなるので、とっても安心する。
引き締まっていてスレンダーなのに夜中にハンバーガーを食べに車を走らせたりするらしい。

凍えそうな金曜の朝はゆっくりと
一人の人間のほとんどが水分だという調査もありますので、水の摂取は人間のベースです。
水の摂取を充分に行い、一人一人が健康的で楽しい夏を満喫したいものです。
きらめく強い日差しの中より蝉の鳴き声が聞こえるこの時期、普段そこまで外出しないという方でも外に出たくなるかもしれません。
すると、女性だったら紫外線対策に関して敏感な方が多いかもしれません。
暑い時期のお肌のケアは夏が過ぎた時に出てくるという位なので、どうしても気にかけてしまう所かもしれません。
そして、誰もが気になっているのが水分摂取についてです。
ましてや、普段から水の飲みすぎは、あまり良くないものの、この時期は少し例外の可能性もあります。
というのは、たくさん汗をかいて、知らず知らずのうちに体から水分が出ていくからです。
外出した時の本人の体調も関係するでしょう。
ひょっとすると、自分で気付かない間にわずかな脱水症状や熱中症におちいる可能性もあるかもしれません。
真夏の水分補給は、次の瞬間の健康状態に表れるといっても過言にはならないかもしれないです。
短時間だけ外出する時も、小さなものでオッケーなので、水筒があればとても経済的です。
一人の人間のほとんどが水分だという調査もありますので、水の摂取は人間のベースです。
水の摂取を充分に行い、一人一人が健康的で楽しい夏を満喫したいものです。
飾り線上

天気の良い休日の夜明けは友人と

飾り線下
喜ばれるプレゼントを決めなくてはと思っている。
結婚記念日が近くて、家内に喜ばれる贈り物をあげたいのだけど、しかしすごく良い案が決まらない。
嫁になんか欲しい物があればいいのだが、たいして、物を欲しがる気持ちが存在しないので、欲しい物が見当つかない。
但し、妻に気づかれない様になんか考えてサプライズをしたい。

雹が降った祝日の夜に焼酎を
時は金也とは、見事な言葉で、ぼーっとしていると、実際にすぐ自分の時間が無くなる。
今よりもささっと勉強も締め切り前の報告書も終わらせることが出来れば、これ以外の仕事に貴重な時間を回すのに。
部屋の整理をしたり、ウォーキングしたり、料理にはまったり、雑誌を手に取ったり。
そう思いついて、最近はさらりとこなそうと気を張っているが、どれくらい達成できるのか。
飾り線上

雲の無い祝日の深夜は立ちっぱなしで

飾り線下
ある寒い日の午後、少年は母親からお使いをことづかって、ハクサイとねぎと豚肉を買いにいくところだった。
少年は喜んだ。
夕飯はお鍋だ!いやっほぅ!…と。
しかし、彼への試練は次の瞬間に起きたのである。
なんと、ズボンのポケットにしまっておいたお使い用のお金2千円が、無いのである!
少年はスーパーの支払い所に並んでいる時、まさかとは思っていたがズボンのポッケをまさぐって確かめてみたのだ。
そしてその時お金が無い事に気がついたのである。
怒られる覚悟を決め、少年は手ぶらで家に帰ることにした。
今後は、お金は靴か靴下に入れることにしよう。
少年はこぶしを握り締め、そう決意した。

月が見える日曜の深夜は読書を
盆だとしても生まれた家から別れて定住しているとあまり思い知らされることがないが、不十分ながら、仏壇へのお菓子くらいはと思い実家へ送った。
里に暮らしていたら、香を手に持って祖の出迎えに出向いて、御盆の幕引きに送り出しに行くのだが、離れて定住しているので、そう行うこともない。
近辺の人たちは、線香を握りしめて霊前におもむいている。
そういう姿が目につく。
いつもより墓所の周りの道路には様々な乗用車が路駐されていて、人もとてもたくさん視認できる。

小さい飾り線上

コンテンツ

小さい飾り線下

コンテンツ


Copyright (C) 2015 料理人は夜の暗闇に脅える All Rights Reserved.
レトロ飾り