飾り線上

陽気に大声を出す父さんと濡れたTシャツ

飾り線下
ひえしょうにかかってからは、少しばかりしんどいけれど、やっぱり寒い時期がいとおしい。
部屋の空気が乾燥しているからか、パリッとした匂い、プラス、こたつの心地よさ。
寒さの中の日差しって恵まれている気分にしてくれるし、レフを持って行った、夜の浜辺も素敵。
その時は、一眼レフもOKだけれどトイで思いっきり撮りまくる方がそこそこ空気感のある写真が見つかる。

自信を持って熱弁するあの子と紅葉の山
友人の両親が会社で梅干しを売っているらしい。
東京に本社があり、台湾に店もあり、関西の方に工場がある。
全国にたまに、何名かのメンバーで試食会をするらしい。
深夜に、こんな話を聞くと、おなかがすいてきた。
「梅干し食べたい」と言うと、いただいたものがあると言いながら出してくれた。
このときに食べた梅干しが、人生でベストに美味しかった。
ここで、さっそく梅干しを注文してしまった。
飾り線上

どしゃ降りの日曜の日没に友人と

飾り線下
最近は、チヌ釣りに行ってない。
日々の仕事ですごくあわただしく行けないのもあるけれど、めっちゃ暑くてきついから、出かけづらいのもあることはある。
加えて、休憩中によく行く場所を見て、釣り人に聞いても大物が釣れている様子がないから、釣りに出かけたいとは残念ながら思えない。
とてもうんとあがっていたら出かけたくなる。

どんよりした日曜の夕暮れに冷酒を
タリーズでもその他カフェでもどこに入ってもコーヒーは飲める。
他にも、飲みたいときにインスタントでも飲めるし、いろんな場所で

私が気に入っているのがスタバだ。
全席ノースモーキングと言うのが、煙草の無理な私にとってポイントだ。
おかげで、コーヒーの匂いをより楽しめる。
金額も張るけど、立派な豆が使われているのでコーヒーにうるさい人にはたまらない。
甘いもの好きには毎回コーヒーとともに、ついついスイーツなどオーダーしてしまうという落とし穴もある。
飾り線上

曇っている金曜の夜明けに散歩を

飾り線下
ちょっとだけ時間に余裕があったので、CDショップに来店した。
追加でmp3playerに挿入する音楽を探すため。
この春、よく聞いたのが西野カナさん。
だいたい聞いているのは洋楽。
ヨーロッパのアーティストの作品もクールだと近頃思う。
ということで、今日は借りたのは、アリゼだ。
甘いヴォイスとフランス語の発音がミステリアスだと思う。

湿気の多い水曜の夜明けに立ちっぱなしで
富士には月見草がよく似合うという名言を記したのは文豪の太宰治だ。
太宰はバスに乗車し、御坂を越えて、今の甲府へ向かうところだった。
そこでたまたま一緒になったお婆ちゃんが「あら、月見草」とつぶやく。
その時、気付いた彼の目に入ったのが月見草、そして大きな裾野をもつ富士山であった。
富岳百景のこの話は、日本一の名山を知るに欠かせない。
多くの作品に出てくる、3776mの名山だ。
どの位置から見ても同じように、美しい形をしているために、八面玲瓏という表し方が似合っていると言われる。
納得だ。
私が好むのは寒い中で見る名峰富士だ。
飾り線上

気どりながら話すあの人と俺

飾り線下
チカコのアパートのベランダにて育っているトマトは、可哀想なトマトなのかもしれない。
枯れる直前まで水をあげなかったり、好奇心でミックスジュースを与えてみたり、OJを与えたり。
酔った私たちに、日本酒を与えられたこともあり。
ミニトマトの親である彼女は、今度興味でトマトジュースをあげてみたいという。
もうトマトの心は完全に無視。

騒がしく大声を出す母さんと紅葉の山
OLだったころに、会社を退職するきっかけがなかった。
何としてでも辞めたかったという訳ではなかったから。
働く気持ちがないのかもしれない。
考えるのが面倒で、その日は、はっきりと今月で辞職すると報告した。
こんな日に何でか、普通は少し怖いと印象を抱いていたKさんが、こっちに向かってきた。
話している中で、ほとんど事態を知る余地もないKさんが「この仕事、大変だよね。だけど君はもうちょい続くよ」といった。
なぜか泣き顔になった。
このことから、その日の帰りに、会社に退職を受理しないようにしてもらった。
飾り線上

無我夢中で跳ねる彼女と擦り切れたミサンガ

飾り線下
今日の体育の授業はポートボールだった。
少年は、球技は苦手なので、不満げに体操着に着替えていた。
きっと今日は、球技の得意なケンイチ君の活躍が目だつのだろう。
おそらく今日は、球技の得意なケンイチ君が活躍して女の子たちにキャーキャー言われるんだろう。
そうなると、少年が密かにあこがれているフーコちゃんも、ケンイチ君が活躍するところを見るなるのだろう。
少年はフーコちゃんをチラチラ見ながら、運動場へ歩いていった。
だけどフーコちゃんは、ケンイチ君ではなく、少年のほうをチラチラ見てたことを、少年は気付かなかった。

夢中で走る妹とわたし
買い求めた裁縫するための布で、園にもう少しで行く子供の必要な袋を裁縫しなくてはいけない。
というか妻が裁縫するのだが、自分も縫い物が嫌いではないので、大変そうだったら手伝おうと思う。
決まったものを入れる袋が幼稚園に通い始めるのに必須のようだ。
ミシンもいよいよ手に入った。
使用感もみてみようと思っている。

小さい飾り線上

コンテンツ

小さい飾り線下

コンテンツ


Copyright (C) 2015 料理人は夜の暗闇に脅える All Rights Reserved.
レトロ飾り