飾り線上

控え目に大声を出す友達と穴のあいた靴下

飾り線下
私は肉をそこまで好物ではない食事は当然魚介類主流になってくる。
そうなると、毎年夏の、土用丑の日は、大きな行事だ。
江戸のあたりでウナギを開くときには、背開きという習わしが現在も続いている。
どうしてか説明すれば、昔武士社会なので、腹開きにすれば切腹につながってしまい、よろしくないため。
逆に、西の方で開くうなぎには、腹開きである事が風習。
理由は、関西地方は商業の所なのでお互いに腹を割りましょうと言う意味にもとれるから。
他にも、自腹を切るの取り方も通じるので、シチュエーションによってはタブーの場合も。
理由は、関西地方は商業の所なのでお互いに腹を割りましょうと言う意味にもとれるから。
他にも、自腹を切るの取り方も通じるので、シチュエーションによってはタブーの場合も。
上記のお話は、観光バス会社で働いていた時に、紹介として、ツアー客に話していた話です。
上野駅から乗り込みして、静岡県の三島のうなぎを食べるために行こうという目的。

ひんやりした週末の日没に想い出に浸る
ビビアン・スーは、美人で努力家で素晴らしい女性だ。
年が30代も後半なんて、まったく見えない。
昔見たTV番組で、今でも覚えているのが、彼女が、アメリカ人からのインタビューにアンサーしていた部分。
まだ学び始めたばかりらしかったけど、とても努力が見られた。
今となっては英語も日本語も、じゅうぶん話せるだろうと思う。
ビビアンの驚くべき素晴らしさは目を見張る位だ。
飾り線上

雨が上がった週末の午後はこっそりと

飾り線下
少し前の猛暑、クーラーの効いた部屋の中で冷たいドリンクばかり飲んでいた。
私は外に出ると熱中症にかかっていたので、水分を取り入れることが必要だと考えたから。
冷房の効いた部屋の中で、キャミそしてアイスティーにハーゲンダッツなど。
なので、快適に過ごせたと感じていた猛暑対策。
しかし、やってきた冬の時期、前の年の冬よりももっと震えを感じることが多かった。
外に出る仕事内容がしょっちゅうだったこともあるが、体が冷えすぎてほとんど部屋から出れないという状態。
なので、たぶん、夏の生活は寒い時期の冷え性対策にもつながると思っている。
必要な栄養を取り、均等な過ごし方をするのが懸命だと思う。

控え目に体操するあの人と電子レンジ
随分前、短大を出てすぐの時、同級生と3人で博多港から釜山に買い物に行った。
初の海外旅行で、宿にちょっとだけ宿泊だった。
街中をたくさん見て、充実させていたけど、それから道に迷った。
日本語はもちろん理解されないし、英語も全然通じない。
泣きそうになっていると、韓国人のサラリーマンが充分な日本語で道を話してくれた。
大学時代時に大阪に留学して日本語の習得をしたらしい。
そのことから、また、良い海外旅行を続けることが可能になった。
最終日、タクシー乗り場で道を教えてくれたその人に縁があって出くわした。
「またきてください」と言われたので、私はここが印象的な国になった。
いつも連休は韓国観光が恒例だ。
飾り線上

一生懸命体操する友達と横殴りの雪

飾り線下
少年は真夜中の三時に目が覚めてしまった。
夏休みもすでに一週間程度たった夏の夜のことだった。
暑くて寝苦しくて熟睡できなかったのだろう。
扇風機は部屋の空気を混ぜているだけで、まったくもって涼しさを感じない。

寝れないし、お腹も減ったので、少年は大好きなカレーを作る事にした。
冷蔵庫を漁り、野菜と肉を取り出し、炒めたり煮込んだりした。
空が明るくなってきた頃、少年の家からは、とても美味しそうなカレーのいい匂いがしてきた。

ゆったりと吠える姉妹とよく冷えたビール
めっちゃ甘い食べ物が好きで、甘いおやつなどを自作します。
普通に泡だて器で頑張って混ぜて、焼いて作成していたのだけれども、ここ最近、ホームベーカリーで焼いてみた、めっちゃ簡単でした。
こどもにも食べてもらう、ニンジンを混ぜたり、かぼちゃを混ぜたり、栄養が摂取できるように心がけている。
砂糖やバターが控えめでもニンジンやかぼちゃ自体の甘味があるから、笑顔で食べてくれます。
近頃は、スイーツ男子なんて言葉もメディアで言っているから変ではないのだけども、しかし、だいぶ昔は、甘いお菓子を自分で焼いているいるといったら不思議に思われることが多かったです。
近頃は、そういった男の子が多いねとも言われる。
飾り線上

蒸し暑い火曜の夜明けはお酒を

飾り線下
私の子供がマルモダンスにはまっている。
私や妻は教えていないけれど、2歳だけど頑張って踊っている。
テレビでマルモの音楽が流れると、録画映像を見るとだだをこねて泣く。
保存した映像をつけてあげると止まることなくずーっと休むことなく見続けている。
母親としては、テレビを見続けるより本を読んだり、おもちゃなどで遊んだりしているほうがいいのだけれど、忙しい時はテレビなどにたよってしまう。
少しでも、いっしょに遊んであげたり、絵本を読んであげたりしようと思う。
大きくなったら必ず巣立っていくものだから、今だからこそ遊んでおくのも私の為でもあると思う。

息絶え絶えで大声を出す彼と飛行機雲
家の前でハンモックに寝転がり、心地良いそよ風に身をゆだねていた、休日の夕方の事。
空には一番星が光り始めていた。少年は、うちのネコが「ニャギャァッ!」という凄まじい声に仰天して、ハンモックから下に落下してしまった。
よく見てみると、猫はヘビと対峙し、歯をむき出して叫びながらすごんでいた。
蛇はそんなには大きくなくて、毒も持っていないっぽかったので、少年は小枝でつついて追い返し、猫を抱きかかえてまたハンモックに寝そべった。少年は、ネコのおでこを撫でながら胸の上で寝かしつけ、ゆっくりとハンモックに揺られた。
飾り線上

月が見える木曜の夕暮れは想い出に浸る

飾り線下
旅行でも仕事でも、韓国への渡航回数が多い。
特に、日本からすぐの釜山。
観光ももちろんだが、特に女の人は化粧品や小物など興味を持っている方も多数だろう。
韓国人は見かけへのこだわり、つまり外見を磨くことへの力は素晴らしいといわれる。
面接や、パートナー選びの際に、日本に比べてあからさまに判断される場合が多々ある。
よって、韓国で販売される美容商品は、美容に効果抜群の成分が、日本製より多く含まれているらしい。
という事から、自分に合うものを見つけるのは大変かもしれないが使用後は期待してもいいだろう。

蒸し暑い金曜の晩は昔を思い出す
水滸伝の北方版の人間味あふれていて雄々しい作中人物が、オリジナル水滸伝の108星になぞらえて、主要な人物が108人でてくるが、敵方、政府側の人物も人間くさいのがいて、血が通っていると感じる。
作中人物に人間くさい弱さがうかんでくるのも加えて、心を奪われていた理由だ。
心が弱いなりに自分の夢とか未来の為に成しうる限り奮闘しているのが読みとおしていて心ひかれる。
読破していて楽しい。
けれど、心ひかれる人物が悲しい目にあったり、夢がなくなっていく話も胸にひびくものがあるから魅了される小説だ。

小さい飾り線上

コンテンツ

小さい飾り線下

コンテンツ


Copyright (C) 2015 料理人は夜の暗闇に脅える All Rights Reserved.
レトロ飾り